中古ドメインのメリットとして一番多く語られるのが、既に被リンクがたくさんあるということです。この、被リンクの数がどんなときに中古ドメインのメリットとなるのでしょうか。

中古ドメインは被リンクの宝箱

中古ドメインの定義とFacebook

Facebookを始めたのに、全然アクセス数が伸びないで困っているという悩みを持つ人もいます。
趣味でやっているFacebookなら、それほどアクセス数を気にする必要もありませんが、ビジネスとしてFacebookをおこなう人は、やはりアクセス数が少ないと気になるものです。
簡単にアクセス数を増やす方法として、SEO対策がありますが、SEO対策というとすごく手間とお金がかかるイメージを持つ人も多いです。
手間やお金をあまりかけずに、SEO対策をしたいなら中古ドメインを取得するといいでしょう。
中古ドメインの定義ですが、すべてのドメインの更新は、取得した日から1年と決まっています。
その期間が切れて放棄したドメインが中古ドメインと呼ばれています。
中古ドメインを取得すると、なぜFacebookのアクセス数が伸びるのか不思議に思う人もいますが、中古ドメインには被リンクがすでに貼られているので、使用するだけで簡単に検索エンジンのランキングが上位に来て、アクセス数もどんどん増えるというわけです。
古い中古ドメインになればなるほど、被リンク数も多くなる傾向が強いので、自然と評価もあがりやすくなります。
ただし中には質の悪い被リンクも残っていることがあるので、評価も下がる時があります。
被リンク数をただ増やせばいいのではなく、質の高いサイトからの被リンクを増やすことがとても大事です。
いろんなドメインからの被リンクを増やせば、被リンクの質もあがりやすくなり検索エンジンの評価もあがります。
自分がスポーツ関連のFacebookを書いているなら、スポーツ関連のサイトから被リンクを貼ってもらうと評価もどんどんあがりアクセス数も増えていきます。