中古ドメインのメリットとして一番多く語られるのが、既に被リンクがたくさんあるということです。この、被リンクの数がどんなときに中古ドメインのメリットとなるのでしょうか。

中古ドメインは被リンクの宝箱

中古ドメインをペンギン対策でvpsに適用する

中古ドメインはさまざまな使い方がされていますが増えてきているのがペンギン対策です。ペンギンとは検索アルゴリズムの通称であり、これ以外にもさまざまなアルゴリズムが開発されてきていると考えられています。ペンギンが適用されて一番変わったのはキーワード偏重主義からの脱却と言われています。従来の検索サイトでは検索キーワードの数や文中の出現率などが重要とされてきました。しかし、キーワードだけでは視聴者に適切なWebを提案できないということもあり、新たにコンテンツ重視のアルゴリズムに変わったと考えられています。コンテンツ重視に変わった場合、これまでのSEOは通用しなくなることもあってさまざまな検討が行われていますが、その一つにインデックスは残るらしいというものがあります。検索サイトではウェブサイトの評価をインデックスで表しますが、そのインデックスはアルゴリズムが変わっても問題なく利用できると分かっています。そのため、コンテンツが充実していない場合でもインデックスを活かすウェブサイトの作りにすればスタート時からある程度の評価を得られると考えられているのです。そこで注目されているのが中古ドメインです。中古ドメインは数多くのウェブサイトで利用されていますが、ほとんどがインデックスを引き継ぎたいからと言われています。特にvpsなどの自由なウェブサイトの構築ができるサービスを利用している場合にインデックスを活かせるウェブサイトが作りやすと考えられ、中古ドメインの適用が増えています。また、中古ドメインはバックリンクも引き継ぎますのでSNSやブログで作成されたリンクをうまく活用しようとも考えられ、多くのウェブサイトで実践されています。