中古ドメインのメリットとして一番多く語られるのが、既に被リンクがたくさんあるということです。この、被リンクの数がどんなときに中古ドメインのメリットとなるのでしょうか。

中古ドメインは被リンクの宝箱

苗字用の中古ドメインと分散性について

中古ドメインを買う際に苗字に合わせて買う方が増えています。この場合、苗字を漢字で見るかアルファベットで見るかで価格がだいぶ変わることが多いのですがドメインの種類も多いことからアルファベットのつづりで買う方が多くなってきています。日本語ドメインもありますが、競争が激しいこともあって高値となるケースが多いです。苗字で買う場合、従来の中古ドメインとは違ってあまり効果を期待する方は少ないのですが、ウェブサイトでも利用するならいくつか注意しておきたいポイントがあります。1つめはペナルティです。ウェブサイトで中古ドメインを利用するならペナルティがついていないドメインが重要です。ペナルティがついてしまっていると検索サイトで検索結果に表示されないばかりか、ウイルスチェックソフトで警告されるケースも多々あります。苗字を利用する場合、プライベートなものであることも多いので要注意です。2つめはバックリンクです。バックリンクはSEOではとても重要であり、ツールを使って分散取得させていたドメインも多数あります。その際、アダルトドメインや危険性の高いサイトからのバックリンクが作られてしまったケースが多々あります。このようなリンクはPVがまったく意味がないばかりか、検索サイトからも低い評価となりやすいと考えられています。また、そのようなサイトではウェブサイトの名称をスキャンしているケースも多く、ウェブサイトの名前が最新の状態で表示されてしまうケースが多いです。そのようなサイトを作るなら問題ないのですが、関係のない一般的なサイトを作るなら必ずバックリンクチェックをしてリンクの種類をしっかりチェックしておきたいものです。